薄毛には遺伝的要素よりも後天的要因が問題

subpage01

薄毛に悩む人は、親や親せきに薄毛の人が多いから遺伝的な要素が強いのだろうと最初から諦めてしまう人もいます。
確かに体質的に薄毛になりやすい人は存在しますが、実際に症状を引き起こしているのは後天的要因がほとんどですので、後天的な要因を排除できればそれ以上の進行を食い止めることも可能です。

日本経済新聞に関する特集が満載です。

その後天的な要因として主に挙げられるのが睡眠関係です。睡眠時には成長ホルモンが分泌されますが、成長ホルモンは子供を成長させるために働くだけでなく、傷ついた細胞を修復したり爪や髪の毛を成長させたりしますので、薄毛に悩む人にとって非常に重要なポイントになります。

睡眠というと長さばかりに着目してしまいますが、本当に大切なのは質の部分です。

もちろん時間的にも最低限の部分は確保しなければなりませんが、質が悪いと長く寝ても成長ホルモンの分泌量は十分ではありませんので、質を高めるための対策を講じる必要があります。
また、日々の栄養バランスもとても重要です。



人は重要な器官から先に栄養を届けるようになっていますので、重要度の低い髪の毛は最後の方にまわされてしまいます。



ですから、摂取する栄養が不足すれば頭皮には届かなくなりますので、抜け毛が増えたり生えている髪の毛がきちんと成長できなくなったりします。

日頃から栄養を十分に摂取するようにし、バランスにも気を付けることで、最後の方に届けられる髪の毛にも必要な分がスムーズに回るようになります。